シニア出会い体験談34

シニア世代が実際に出会った体験談34のページです。

シニア出会い掲示板 サイトマップ

シニア出会い体験談166/石川県/男性/53歳

自分は大の風俗好きでした。それは今も変わっていません。
お気に入りの嬢には会いに行きますし、三店舗くらい通っているデリヘルがあります。
だけどたまたま出会い系の広告を見て、お金もそんなに困っていないので登録してみるか~とやってみることにしました。
この年で出会えるかなぁとも思っていましたが、ポイント課金もしてみました。風俗代を考えると安いものですw
どのサイトも最初は結構無料ポイントがもらえたりするので、複数のサイトに登録をしました。
それに月額制とは違って休みたいときは休めますし。
風俗を我慢してポイントに課金してたらなんと3人に会うことに成功。
しかもそのあとラ〇ンに移行したのでポイント課金なし。
まぁ風俗よりはかわいい子はいませんが、素人とヤるのも結構興奮します(笑)
デリヘルよりも安く会えてヤれるなら意外とコスパ良いのかもしれないな~なんて思ったり。
この間はパパ活の女の子がいましたけど、一万円分おごったら、本番していいよなんて言ってくれました(笑)
結構貞操観念ゆるい子も多いですね~。

シニア出会い体験談167/青森県/男性/62歳

今まで女性に対して恐怖心を心のどこかで抱いていました。
自分のプライドもあり、なかなか女性に対して積極的になれなかったというのもあります。
しかし40を過ぎ、50を過ぎ、60代になった今はだいぶ丸くなって、一人でテレビを見ている生活も嫌になりました。
そこでシニア婚活を始めようとなったわけです。
今時のマッチングアプリはスマートフォンがうまく扱えませんし、コロナでしょっちゅう外にでて婚活するのもどうなのかということで、出会い系サイトを利用することにしました。
ところが仕事一筋で生きてきたため、プロフィールに書ける趣味というものがありません。
ということで、まずはプロフィールを充実させるために、趣味探しをしました。
そういえば昔はよく絵を描いていたなと思い出し、水彩道具を買うことに決めました。
懐かしい気持ちと、久しぶりのワクワクした気持ちがわいてきて、出会い系をやろうと思わなかったら味わえなかった感覚です。
それから絵を描いて見て楽しくなり、一週間夢中で描き続けました。
プロフィールに絵をはじめましたと描き、これからどういう人と会えるのか楽しみにしています。

シニア出会い体験談168/東京都/女性/52歳

出会い系サイトを検索していた時の事です。私は既婚者なのですが、刺激が欲しくて男性と出会うことをしていたのでした。
プロフィール欄にちょっと変わった趣味がありますと書いている男性を見つけ、これは面白そうだなと思ってメッセージを送ってみたんです。
メッセージのやりとりは普通で紳士的なので、ちょっと肩透かし感がありました。
とりあえず変な人でもないし会ってみようと言ったんです。そして聞かされたのが・・・。
「僕変わった趣味があると書いてありますよね?」「はい、そうですね」「実は女装が趣味なんです・・・それを受け入れてくれる人と会いたくて」と衝撃の事実。
普通の女性なら引いちゃうかもしれないんですが、私はこういう面白い出会いを待っていたので、思わずテンションがあがってしまいました。
「当日女装で会っても良いですか?」と聞かれ、なんだか妙に気になってしまったので、了承しました。
そして実際に出会った彼は完全に女性と言っても過言ではありませんでした。少しゴツく見えるかもしれないけど、本当に普通の女性にしか見えません。
話は盛り上がり、また会うことになりました。出会い系って面白いですね。

シニア出会い体験談169/千葉県/男性/52歳

私は自分が太っていることを自覚していたので、恋愛などできるはずがないと思っていました。
しかし40も過ぎ。50・・・となってきて「人生一度切りだし、やってみようか」という気分になってきました。 そこで出会い系に登録したわけですが、最初はなかなか反応をもらえず、「やっぱりダメだったか、所詮は見た目が給9割なんだよな」とあきらめかけていた時のことです。
なんと女性側のほうからメッセージが来ました!サクラかと疑っていましたが、写真をみても加工してる様子がないのです。
正直好みかと言うと違いました。そこまで可愛いかというと普通という感じです。
けれどメッセージの内容は暖かく、人柄を感じられるものでした。
そうしてやりとりをしているうちに、会ってみようという話に。
「私は太っていますが、大丈夫でしょうか・・・?」と聞くと「見た目じゃなくて性格が良いと思ったから会いたいと思った」とうれしい返事をくれました。
会ってみると彼女は冗談を言う明るい性格で大好きになり、これまでのヤケ食いもなくなり、自然と痩せていきました。
そして10キロ痩せたたころ・・・彼女から告白をされました。

シニア出会い体験談170/山形県/男性/68歳

私は夏が苦手で、特に湿気の強い梅雨の時期はなんだか憂鬱になりますし、出かけるのも億劫になります。
でもそんな夏が好きになった出来事があります。
出会い系をなんとなくやっていて、メッセージのやりとりで「この時期は嫌だねぇ」という会話をしていました。
すると「鬱々とした気分を払拭するために、映画でも見ませんか?」というお誘いが来たのです。
映画は恋愛映画で、この年になって年甲斐もなく泣いてしましました。
「そんな感性豊かな方だったんですね」と好印象で「また会いましょう」と次の約束。
そんな感じでなんとなく会うたびに次の約束をしていて、夏が終わりそうなころ、自分から付き合いませんかとの提案をしました。
クスクスとその人は笑って「もう付き合ってると思ってました」と。
甘酸っぱい思い出です。