恋愛が目的であると堂々と言おう

少し恥ずかしくても恋愛が目的であると堂々と言うことの大切さを紹介します。

シニア出会い掲示板 サイトマップ

「いい歳して…」と思わなくていい

シニアが出会い掲示板を使う時に、意外とはっきりと言えないのが掲示板を使っている目的 です。しかし出会い掲示板の利用者にはいろんな人がいるので、何のためにどんな人と出会いたいかを明確に提示しなければ出会いのチャンスは遠ざかってしまいます。
恋愛をする恋人が欲しいのか、体だけの関係の相手が欲しいのか、共通の趣味の友達が欲しいのかなどです。
とくにシニア層は、真剣交際とかセカンドラブなどと言うことを恥ずかしがる傾向にあるのですが、ここをはっきりと提示しておかないと後々トラブルになる可能性もあります。

掲示板を使う目的を堂々と伝える

例えば出会い掲示板で異性と知り合ったとしても、自分の目的が真剣交際であると伝えておかないと遊び目的の相手にターゲットにされてしまうかもしれません。そうなるとお互いのお金も時間もムダにしてしまいます。最悪の場合、実際に会った後に気が付いて『こんなはずじゃなかった』なんて事にもなりかねないので、利用目的は何よりも真っ先に伝えておきましょう。
シニアになってからも恋愛を求めることは決して恥ずかしいことではありません。せっかく出会い掲示板を使う勇気を出したのですから、堂々と恋人募集を呼びかけましょう。こんな人がいいとか、タイプを絞ることも大切です。
シニア層はどうしても奥ゆかしくなりがちですが、恋人を探すときに誰でもいいわけがありません。相手の条件をいくつか並べてみましょう。そんなことで図々しいと思う利用者なら、こっちから願い下げるぐらいの気持ちでいていいと思います。

掲示板トラブルの一例

恥ずかしくて恋愛が目的であると言えなかった利用者の方に、こんなトラブルが起きています。
掲示板で異性と知り合って実際に交際を始めたものの、相手の女性がなかなか体の関係に応じてくれないといったものです。話を聞くと、その女性は最初から趣味の合うお友達としてのお付き合いを希望されていて、双方の目的が合致していなかったことになります。しかも、肉体関係を迫ったことで二人の仲は気まずくなってしまいました。
男性側にとってはデメリットしかなかった例です。女性にとっても、もしかしたら無理強いをされたり危険な目に合うかもしれなかった例ですね。
このように双方の目的の一致はとても大事なのです。相手の容姿や年齢ばかりを重視するのではなく、自分と同じ目的の相手を探すようにしましょう。

介護時のストレス