シニアならではの相続トラブル

シニア世代ならではの相続トラブルを解説していきます。

シニア出会い掲示板 サイトマップ

シニア婚活に潜む問題

近年、厚生労働省の調査でも50歳以上の方で婚姻届を出す件数が急増していると言います。それぞれの事情でパートナーを求めて婚活をするシニア層が増えてきているのです。
とても素晴らしいことですが、同時にシニアの婚活ならではの問題も浮き彫りになってきました。それが相続や財産分与などの問題です。
ちょっと生々しく面倒くさい問題なので見て見ぬふりをしている人もいるかもしれません。
しかし婚活をする前に少しでも頭に入れておくことでトラブルを未然に防げるケースもあると思います。

シニアの再婚に子供の理解は不可欠

実はシニアの婚活に関するトラブルで一番多いのが相続に関するものだそうです。
財産分与の関係で子供から再婚を反対されたり、再婚相手の子供から相続破棄をするようにと言われたりなどです。
せっかくいい相手が見つかったと思っても財産目的のように言われては悲しくなってしまいますね。でも実際にそういったことから事件になった例もあるので、子供の複雑な気持ちも分かってあげましょう。
子供は自分たちの相続だけでなく親のことも当然心配しているのです。なので、入籍を考えているなら子供の理解は不可欠です。
再婚をするお相手と一緒に、お互いがどういう思いで一緒にいたいのか、お互いの何が必要なのかなどをきちんと示して理解してもらいましょう。そのうえで金銭に関する問題を解決して、入籍をする時期などを決めていくのがいいと思います。間違っても子供の反対を押し切っての再婚なんかは避けたいですね。

価値観の違いを受け入れられる相手を探す

シニアの中にはいいパートナーに巡り会っても入籍を希望しない人もいます
籍を入れなくても単純に一緒に過ごせればいいという考え方の人や、前夫と死別して遺族年金を受け取っている関係など理由は様々です。
このようにいろいろと現実的な問題も多いシニア世代ですが、出会いも多い世代です。長く人生を歩んで来ればそれぞれの事情も価値観も異なるのは当たり前ですよね。そういったことも含めて理解しあえる相手こそがセカンドライフにふさわしいのではないでしょうか。

介護時のストレス