インターネットの出会いに関する法律

出会い掲示板を使う前に知っておくと役に立つかもしれない法律のことと、その他トラブル対処法などを解説していきます。

シニア出会い掲示板 サイトマップ

インターネットでの交流をする前に知っておくこと

インターネットが普及して誰もが気軽に様々な情報へとアクセスできるようになりました。その高い利便性と拡散力の高さでこれから益々発展していくことでしょう。しかし長所というのは裏を返せば短所ともなりえます。その拡散力は一度インターネット上に流れてしまった情報は完全に消すことはほの不可能と言えるくらいです。
オンラインで誰かと交流をする際には全てをありのままにさらけ出してはいけません。特に個人情報の掲載については慎重になる必要があります。
掲示板は出会いのきっかけを作るためのツールです。ここを足掛かりとして仲良くなり、掲示板外でも連絡を取るようになってから個人情報は教えるようにするのが良いのではないかと思います。

電子消費者契約法とは

電子取引などにおける消費者の操作ミスの救済、契約成立時期の転換を定めたものです。オンライン上での契約のことを電子契約と言い、電子契約を完了させるには契約成立前にその申し込み内容について確認する措置が必要となります。
料金が発生するような申し込みの場合は決済ボタンの前に必ず確認ページが表示され、その内容に間違いがなければ決済へ進むという流れになります。決済ボタンを押すことで料金請求されるということもハッキリと分かりやすく明記する必要もあります。 これからの措置を怠っているとみなされた場合は操作ミスによる申し込みは全て無効となります。
上記のような法律はありますが、一番いいのは操作ミスをしないことです。特に料金が発生するような契約に関しては1ページづつきちんと目を通してからクリックをすることを心がけましょう。 よくわからないままにクリックはしないことが大切です。

トラブルが起こった時に頼るべきところ

出会いの掲示板などで何かのトラブルが起こった時にはまずは掲示板の管理・運営をしている事務局などに連絡をします。きちんと管理・運営されている掲示板であればこの時点で大体のトラブルは解決するでしょう。
ところがあまり良くない掲示板だった場合、これでは解決しないことがあります。逆にトラブルが悪化してしまうことも。
そんな時は国民生活センターなどの専門の相談員がいるところへ相談をしてください。こんなことで相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、トラブルというのは放っておくと取り返しのつかないことになる恐れもあります。早期相談が早期解決のポイントになります。24時間営業ではないので、相談を受け付けている時間帯などは公式サイトで確認してください。
国民生活センターでは解決に向けていろいろとアドバイスがあると思います。必要であれば弁護士や警察の介入があることもあるでしょう。プロの支持に従うようにしましょう。
万が一にも何かトラブルが起こった場合は、すぐに第三者に相談してください。1人で抱え込むことが一番いけません。最初はプロでなくても良いです。友人やお世話になっている人などに愚痴や世間話程度で話しても良いと思いますよ。

介護時のストレス